2014年4月12日土曜日

ポルトガル料理

2014年4月12日
・国旗 このページの短縮URL http://p.tl/357Z


【国旗の意味】サイト「世界の国旗」より 

Portugal

共和制に移行した1911年に、王国時代の旗が国旗として承認された。中央やや左寄りに描かれているのは国章の主要部分で、金色の天測儀上に、赤い帯で囲んだ白い盾を重ねたデザインで、金色の7つの城や5つの青い小さな盾も描かれている。天測儀は、ポルトガル人の海洋での偉業を表している。地色の赤は勝利と勇壮さを、緑は希望を、白は強調と平和を表している。

○地図、歴史

・外務省の地図

ポルトガル共和国地図

・Googleマップ



・その他

〇紋章(ウィキペディア)

ファイル:Coat of arms of Portugal.svg

各国料理の検索結果 


 ウィキペディア 食文化  料理サイト

 クックパッド サイト 118品

 e-food サイト

 食べログ サイト 69軒

 AllAbout サイト 日本人が必ず夢中になる! ポルトガル料理

 画像検索

 その他の記事


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リンク


大使館 サイト  facebook  

友好団体 

・日本ポルトガル協会 サイト  facebook 

イベント


参考 


・国際理解教材 サイト 120ヶ国あり 現在PDFだけどfacebookで参加型の教材に

・Embassy Avenue 在日大使館オフィシャル サイト集

・在外公館リスト 外務省

・食い旅193ヶ国inTOKYO アメブロ

・地球の歩き方 サイト

・HIS サイト


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・世界の料理 

サイト

 National Dish(国民食)を知ると、その国がみえてきます。このサイトは、その楽しみの共有を目的とし、料理、食文化、レシピなどのコンテンツを網羅していく、世界の料理の総合サイトです。

Presented by NDISH。 

JP NDISH 


 旅と暮らしが好き。渡航国は世界238ヶ国で趣味は世界の料理の研究と調理と考察とまとめと心底楽しい人生と自分のやりたいことができる時間です。byあづさ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディア

食文化

ポルトガル料理は魚介類を使うことが多く、鰯、鯖、鮟鱇などの多様な魚の中でも、特に干鱈(バカリャウ)がよく用いられる。

穀物としては小麦、トウモロコシ、ライ麦、米が用いられ、米はヨーロッパで最多の消費量である。

他には豚肉が使われる。主な料理として、フェジョアーダ(ブラジルのものとは異なる)、石のスープ、ガスパチョ、パステル・デ・ナタアルフェニンなどが挙げられる。

ポルトガルワイン(ポルトワイン、マデイラワイン、ヴィーニョ・ヴェルデ、ダンワイン)は古くから高い品質を保っている。


ポルトガル料理

ポルトガル料理は、主にポルトガルで食べられている料理である。

バニラやパプリカ、ピリピリ(小さく辛みの強いトウガラシ)といった、ポルトガルのかつての植民地原産の多種多様な食材を取り入れており、またポルトガルを数百年にまたがって支配したアラブ人およびムーア人の食文化の影響はシナモンやサフランの使用にみられ、南部において特に顕著である。

オリーブ油は調理と味付けの両面においてポルトガルの料理の基本の1つであり、ニンニクは、コエンドロおよびパセリのようなハーブとともに広く使われている。

コエンドロの葉が料理に多用される点は西ヨーロッパにおいては非常に珍しい。ポルトガル料理の影響は、かつての植民地のみならずポルトガル人が接触を持った国々にも広く残されている。


世界料理への影響

ポルトガルはかつてポルトガル海上帝国と呼ばれたように海外に多くの植民地を持っており、各植民地の料理とポルトガル料理は互いに影響を及ぼしあった。ブラジル料理にはポルトガルの影響が強く表れており、フェジョアーダやコジード、カルデイラーダのようなポルトガル料理から派生したものが根付いていることからも分かる。フェジョアーダはモザンビークや東ティモール、マカオでも地元の食文化に根付いて独自の発展をとげたものが見られる。

ポルトガル領インドのゴアには、酢(ヴィニョ、vinho)とニンニク(アリョ、alho)で味付けした辛口の煮込み料理ヴィンダルー(英語版)があり、インド料理店のメニューの一つとして世界的に有名になっている。また、インドのサモサがゴアからポルトガルやマカオなどに導入され、シャムサ(Chamuça)として親しまれている。

海外のポルトガル人の旺盛な活動は、ポルトガル料理の影響を世界中に広めた。ポルトガルの貿易船は1550年頃に日本へ到着し、戦国時代の日本の大名はポルトガルの菓子類を南蛮菓子と呼んで楽しんだ。ポルトガルのコンフェイトは金平糖、アルフェニンは有平糖、パォン=デ=ローはカステラ、フィオス・デ・オヴォスは鶏卵素麺へと変化し、和菓子にも影響を与えた。日本料理の天ぷらもまたポルトガル料理に起源を持つといわれ、がんもどきの別名「飛竜頭」は、ポルトガルのフィリョース(filhos)という揚げ菓子が語源になっているといわれる。

フィオス・デ・オヴォスに類似の菓子はまた、タイ王国ではフォーイ・トーン、カンボジアではワウィーと呼ばれており、タイの菓子の中でも鶏卵を用いるものはポルトガルの菓子の影響を受けている。

ポルトガル移民はハワイ料理とニューイングランド料理にも影響を与えた。ポルトガル風の甘いパン(pão doce)、マラサダ、豆のスープ (sopa de feijão) やソーセージなどは、ハワイ州民の間で民族を問わず親しまれている。また、唐辛子を加えたソーセージの一種リングィーサは、英語で「ポーチュギーズ・ソーセージ」と呼ばれ、ポルトガル系移民の多かった米国のカリフォルニア州、ニューイングランドやハワイ、また移民を通じてハワイとの交流が盛んな沖縄などでも人気の高い食材となっている。

オーストラリアでは、主にファーストフードの店舗で売られる「ポルトガル風」チキンの類が、この20年の間に非常に一般的となった。[1]提供される料理は様々なハンバーガーと同様に従来の鶏肉料理である。場合によっては、「ポルトガル風チキンサンドイッチ」のように、提供される料理とポルトガル料理とのつながりはあまりなく、単にマーケティング目的で名づけられたものも見られる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

行った店

・マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ 渋谷店 食べログ

 マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ - 料理写真:半熟カステラ マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ - 料理写真:2回目11/29豚肉とアサリのロースト アレンテージョ風 マヌエル・コジーニャ・ポルトゲーザ - 料理写真:2回目11/293種類の前菜盛り合わせ+400円 バカウリャのコロッケ 小アジの南蛮漬け イベリコ豚のチョリソ


・ヴィラモウラ 赤坂サカス店 食べログ  

ヴィラモウラ - 料理写真:ヴィラモウラ - 料理写真:ヴィラモウラ - 内観写真:

行きたい店


・クリスチアノ 食べログ 代々木八幡駅  ヴォーグ2014年5月号に掲載された



0 件のコメント:

コメントを投稿