2017年3月10日金曜日

東トルキスタン ウイグル料理


東トルキスタン

サイト 人類の創生から始まる:善と悪の闘い 民族絶滅の危機Ⅱより


  


ウィキペディア  


東トルキスタン共和国亡命政府

ウィキペディア サイト

東トルキスタン超簡略歴史年表 サイト
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本ウイグル協会 

facebook サイト

【動画と報道】日本ウイグル協会学習会「ウイグル文化と人々の暮らし」 サイト

ウイグルの荒ぶる魂~詩人アブドゥハリク・ウイグル/古代都市トルファン 





訳者 萩田 麗子 (アジア自由民主連帯協議会 サイト 講演会 )

1932年、アブドゥハリクを指導者の一人として、トルファンでも民衆が立ち上がった。この時歌われたアブドゥハリクの詩「咲け」は、この民衆蜂起を象徴する詩であり、決起軍の連帯の歌ともなった。

「私の花が 咲こうとしている あなたの髪を 飾ろうとしている 恋人を想う心の火が、私の体を、包み込もうとしている(中略)情熱の花よ 咲け 勇気の道よ 開け 恋人のため 命を捧げよ どうせいつかは 死ぬ身」(「咲け」)

 決起軍は初戦では勝利するが、やはり組織化に乏しく武器も不足しており、次第に追い詰められて敗北していく。しかしこの戦いを、アブドゥハリクはその詩で、決起した民衆の姿を、伝説的な英雄や神話的世界の戦士たちのように謡いあげた。戦いは敗れたが、決起軍の精神と意志は、彼の詩によって永久にウイグルの大地に刻み込まれたのだ。

アブドゥハリクは、ある裏切り者のウイグル人の密告で、新たな新疆の支配者、盛世才の軍隊に捕らえられ処刑された。しかし、獄中にて詩人は、彼の絶唱というべき詩をいくつも残している。

「何も考えぬことが特技となり 侮辱されることさえ面白がる者がいる いつの世もこんな人々を 『運命』は可愛がる ものを考えぬ人間は権力を求め 平穏な世の中を汚し続ける 額に汗して働く善人が報われず 人の稼ぎを当てにする者が儲かるとは(中略)私は言った 『不正を働く者の前で 正義を行うものが何で跪かねばならぬ』 無知のまま日々を過ごし いつまでも首うなだれているな」(時代の痛み)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

医療ではなく産業 恐るべき中国臓器狩り 

(月刊『Hanada』3月号掲載) サイト
ノンフィクションライター

野村旗守

「無実の罪で捕らわれた法輪功信者は暴力で拘束された。そして転向を拒んだ信者は処刑され、臓器を取り出されている。この裏では巨額の金が動いている可能性がある。摘出された臓器は、人体売買の市場に供出されているかもしれない……」

 中国での調査結果を報告している途中、会場から、さっと一本の手が挙がった。

 「その手術を、私がやりました」

 そう発言して会場を驚かせたのは、新疆自治区出身のウイグル人医師、エンバー・トフティだった。

 86年に医師免許を得たトフティはウルムチ市の中央鉄道病院でおよそ10年間、外科医を務めていた。欧州に移住する直前、九五年の出来事だった。病院のなかで野外手術の特別チームが組まれ、トフティもその1員に選抜された。そして、銃殺刑の現場に立ち会わされたのである。 

「通常の銃殺刑では、死刑囚の左胸を狙って銃弾が撃ち込まれますが、このときはなぜか右胸を狙って弾が撃たれました。つまり心臓が動いており、囚人はまだ生きていたのです。その生きたままの生体から素早く肝臓と腎臓を取り出すよう、上司から命じられました。上司は摘出された臓器を特殊な箱に入れてどこかに運んで行きました……」

 トフティは現場状況をそのように語った。 しかし中国にいた時の彼は、良心の呵責を感じることはまったくなかった――という。それが、西洋社会に移住してトフティの価値観ががらりと変わった。

 「自分がとてつもない罪を犯していたことに、遅ればせながら気づいたのです。何年も罪の意識に苛まれる日々を送りました」


――つまり、法輪功信者に対する臓器狩りより早くはじまった?

トフティ 間違いない。初期の人体実験はウイグルでスタートしたと考えられる。ここで実験を繰り返して技術を磨き、2000年代に入って法輪功の豊富な臓器源を得ると、「移植手術のための素晴らしい技術と設備」を謳った、まるでリゾートホテルのような病院の広告をばら撒きはじめた。


Diaspora ディアスポラ 

ディアスポラとは、(植物の種などの)「撒き散らされたもの」という意味のギリシャ語に由来する言葉で、元の国家や民族の居住地を離れて暮らす国民や民族の集団ないしコミュニティ、またはそのように離散すること自体を指す。難民とディアスポラの違いは、前者が元の居住地に帰還する可能性を含んでいるのに対し、後者は離散先での永住と定着を示唆している点にある。歴史的な由来から、英単語としては、民族等を指定せず大文字から単に Diaspora と書く場合は特にイスラエル・パレスチナの外で離散して暮らすユダヤ人集団のことを指し、小文字から diaspora と書く場合は他の国民や民族を含めた一般の離散定住集団を意味する。 ウィキペディアより

マンガ ディアスポリス 異邦警察 新章「999」





映画「人狩り」

移植ツーリズムを考える会 サイト

国での受刑者に対する組織的臓器収奪疑惑の調査を収録したドキュメンタリー映画「人狩り(Human Harvest)」

これまでの国内の医療関係者や警察官など各方面の情報によると、1970年代ごろから死刑囚や、政治犯などの「良心の囚人」の臓器を移植用に使うことが「日常的に行われている」。中国政府は一貫して完全否認していたが、2005年ごろから死刑囚の臓器利用を渋々認めた。

 一方、1999年7月から中国で禁止され集団弾圧を受けている伝統気功・法輪功は、「迫害開始直後から臓器移植件数が急激に増えている理由は、強制収容された大勢の愛好者が臓器狩りの対象にされたからだ。刑務所、病院、司法の関係者は暴利を貪るため組織ぐるみで愛好者を殺してきた」と主張している。前出のカナダ人独立調査員2人は、法輪功の迫害実態を調べる米人権団体「追査国際」の要請を受けて、2006年から関連の調査に着手し、「紛れもない事実である」との結論の報告書を発表した。


映画「知られざる事実」

「政治的囚人を処刑しその臓器を移植ツアーのために売っている中国政府が広域に行う事実を暴露」

『知られざる事実』は現代社会で起こっている実におぞましい犯罪を取り上げたドキュメンタリーです。「なぜほとんどの人が関心を示さないのか?」という疑問を提示します。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウイグル料理

ウィキペディア

ウイグル料理は清真料理(ムスリムの料理)であり、必ずハラールの食材を用いる。






0 件のコメント:

コメントを投稿