2014年3月17日月曜日

アゼルバイジャン料理

2013年9月10日 火曜日



イラストは、せなみおんせんさんの萌え国旗より









履歴

2014年


10月4日 グローバルフェスタ2014 アゼルバイジャン共和国出展 Blogger

2013年


5月1日 キッチンオークラ 10ヵ国の大使夫人のガーデニング Blogger

キャラム ポロウ

キャラムはキャベツ ポロウはご飯 という意味でキャベツの混ぜご飯です。 


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

○地図、歴史

〇紋章・ウィキペディア

アゼルバイジャンの国章

各国料理の検索結果 


 ウィキペディア サイト 料理の紹介なし

 クックパッド サイト

 e-food サイト

 食べログ サイト 

  ・スンガリー新宿西口店 食べログ

 AllAbout サイト

 画像検索

 その他の記事

アゼルバイジャン料理 AZARI MATBAKH(アザリ マトバック) ぐるなび 

   東京都 新宿区新宿6-7-3  03-6457-7577 
   営業時間 11:45~(L.O.14:30)、18:00~23:00(L.O.22:30) 定休日 日・祝

 ※食べログ未登録 記事  電話番号相違、閉店かも

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リンク


大使館 友好団体 イベント


参考 

アゼルバイジャン料理スーラ サイト アルバム  

・食い旅193ヶ国inTOKYO サイト

・Embassy Avenue 在日大使館オフィシャルサイト集

・乙嫁語り (おつよめかたり)

ウィキペディアより

 19世紀後半の中央アジア。とある町に住むエイホン家に、北方の移牧民(半定住・半遊牧民)ハルガル家から20歳の花嫁、アミルが嫁いできた。花婿カルルクはまだ12歳の定住民の少年であった。

 ハルガル一族らの住む北方はロシアの侵攻(南下政策)で緊張状態にあった。アミルの叔父たちは、すでに嫁に出したアミルを連れ戻して、あらためて有力な部族に嫁がせようと実力行使に出るが、町をあげた抵抗にあい失敗に終わる。
エイホン家の居候の英国人スミスはエイホン家の人々に別れを告げ、アンカラへの旅につく。 途中カラザの町で諜報員と誤解され勾留されるが案内人アリにより窮地を脱する。その後、町で出会った薄幸の未亡人タラスと恋に落ちるがこの恋は実ることなく、また旅を続けることになる。
スミスが医者として滞在していたムナク村の漁師の家の双子、ライラとレイリは玉の輿を夢見て人騒がせな婿探しを繰り広げていたが、紆余曲折の末、近所の漁師の息子兄弟と結婚することになる。

 ライラとレイリは、披露宴でもドタバタを見せるが、どうにか周囲の人たちの祝福を受けて無事にサーム、サーミ兄弟と結ばれる。 彼女たちの結婚式を見届けたのち、人々の暖かい心に見送られて、スミスたちも村を後にする。
一方、そのころヌマジの牧草地を追い出されて困ったハルガルは、遠縁のバダンの協力を得て、エイホン家のある町を占領しようと襲撃した。しかしバダンの裏切りにより失敗し、族長も死ぬことになる。

乙嫁語り 1巻 (BEAM COMIX)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

メモ


お茶・お酒

おやつ・つまみ

缶詰・インスタント食品

お勧めのお土産
 ※特にマニアックなもの。フィンランドのサルミアッキ、ドイツのハリボなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

比較ポイント


米、パン、饅頭、麺

スープ

スパイス・食材(肉・魚・野菜・虫)・特産品

発酵食品
 ※くさや、漬物、納豆、ヨーグルト、チーズなど

特別な料理・食事イベント、お正月などの祝祭、結婚式、葬式
 ※日本なら赤飯など


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


国旗は水平に走る3本の同じ幅のストライプ(線)があります。

上のストライプは青、中央は赤、下は緑です。

青はターキック(アゼルバイジャン人)の民族の色、

赤は自由、民主主義、人権擁護の決意を象徴し、

緑はイスラムの色です。

赤いストライプの中央には白い三日月と八ほう星があります。

星はターキック民族の8つの異なった分家を表しています。旗の縦と横の比は1対2です。





ウキペディアより


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

外務省

一般事情

1.面積

8万6,600平方キロメートル(日本の約4分の1、北海道よりやや大きい程度)

2.人口

940万人(2012年:国連人口基金)

3.首都

バクー

4.民族

アゼルバイジャン系(90.6%)、レズギ系(2.2%)、ロシア系(1.8%)、アルメニア系(1.5%)
(アゼルバイジャン共和国国家統計局)

5.言語

 公用語はアゼルバイジャン語(テュルク諸語に属し、トルコ(共和国)語やトルクメン語に近い)

6.宗教

主としてイスラム教シーア派


1.外交基本方針

  • 米露とのバランスを考慮しつつ、伝統的友好国のトルコ、アゼルバイジャン人が多く住むイランとも等距離善隣外交を継続。
  • 外交上の最大の課題はナゴルノ・カラバフ紛争(1988年にアゼルバイジャン領内のナゴルノ・カラバフ自治州のアルメニアへの帰属変更を巡って開始された紛争)の解決。1994年5月、ロシア及びOSCEの仲介により停戦が合意されており、現在米・仏・露の仲介により和平の努力が続けられているが、解決の見通しは立っていない。

2.軍事力

総兵力66,950人(陸軍56,850人、海軍2,200人、空軍7,900人)、準兵力15,000人
(ミリタリー・バランス2013年)


8.主要貿易品

(1)輸出 原油、石油製品、天然ガス、灯油
(2)輸入 機械、電気製品、食品類、鉄製品
(2010年:アゼルバイジャン共和国国家統計局)

.経済概況

  • 独立前後のアルメニアとの戦争や度重なる政変によって、同国経済は激しく疲弊した。カスピ海への投資ブームを背景に1990年代半ばから好転し、10%前後の高成長が継続した。2006年の経済成長率は30%以上。しかしその後は、世界的な景気後退の影響などにより伸び率を鈍化させている。
  • 同国経済の牽引役であるカスピ海のACG(アゼル・チラグ・グナシリ)油田(日本企業の権益:15.3%)から採掘される原油はBTC(バクー・トビリシ・ジェイハン)パイプライン(日本企業の権益:5.9%)を通じて地中海に送油され、石油タンカー等により欧州各国に輸出されている。
  • 2006年末からカスピ海シャフ=デニズ鉱区の天然ガスの生産が開始され、現在SCP(南コーカサス)パイプライン等を通じて輸出されている。

駐日アゼルバイジャン共和国大使館・総領事館

アゼルバイジャン共和国大使館

Embassy of the Republic of Azerbaijan in Japan
〒152-0021 東京都目黒区東が丘1丁目19-15
電話:03-5486-4744
特命全権大使:ギュルセル・グドラト・オグル・イスマイルザーデ 閣下
His Excellency Mr. Gursel Qudrat oglu ISMAYILZADA
http://www.azembassy.jp/Japanese/



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキトラベル

 ウィキトラベルは自由で完全な、そして最新で信頼のおける世界規模の旅行ガイドブックを作るプロジェクトです。


歴史

 アゼルバイジャンはソ連崩壊後に独立を取り戻した。だが、アルメニア人が比較的多く居住しているナゴルノ・カラバフ自治州は、アゼルバイジャンにあて1991年に独立を宣言、これにアルメニアが支持を表明した。アルメニアとは1994年に停戦合意したが、ナゴルノ・カラバフ自治州の問題が解決しておらず依然紛争が続いている。同州が事実上独立状態となったことにより、アゼルバイジャンは国土の16%を失い、80万人あまりの難民を抱えている。

アゼルバイジャンには多くのおいしい食べ物がある。一番のおすすめは「ヤルパッグドルマス」という食べ物で、葡萄の葉で牛肉と御飯を包む料理である。


ヤルパッグドルマス・・・検索するも該当なし

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

在日タタール人―歴史に翻弄されたイスラーム教徒たち (ユーラシア・ブックレット)

在日タタール人―歴史に翻弄されたイスラーム教徒たち

 ロシア革命後に旧満州~朝鮮半島を経由して日本に渡来し、コミュニティを構成していた在日タタール人の歴史を明らかにする。


松長/昭
1960(昭和35)年生まれ。笹川平和財団主任研究員。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院博士課程修了(トルコ民族史)。主な職歴:在トルコ日本大使館専門調査員、米国東西研究所主任研究員、東京大学教養学部非常勤講師、タファキュル大学客員教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


アマゾンレビュー

在日タタール人の存在から戦中をあぶり出す

 約2千人(満州・中国に7千人)と言われる総数は不明ながら、ロシア革命と内戦からの避難民として無戸籍のまま来日後、東京・名古屋・神戸・熊本などにコミュニティを作り、ウール毛織物のの羅紗行商を日本全国でしたりしながら暮らし、戦後8年を経て、トルコ国内世論によりトルコ国籍を付与され、貧困から逃れトルコ・米・豪などへ再び移住していった在日タタール人について、論文的な堅めの筆致で書かれている。

 日本の研究が、戦中の対回教政策などを嫌って中東イスラームを中心としており、少数の在日タタール人も世代交代しているので、研究は少なく、解明も困難な中、1917年のロシア革命から約40年間の足取りを、反ソ活動家として軍部と結びついたクルバンガリーと、タタール人の地位向上を目指し来日したイスハキーの二人を軸に、ムスリム運動の方向をめぐる対立、ソ連の極東政策、満洲問題、日本のイスラーム世界への戦略、陸軍の諜報活動など幅広く書かれており、ブックレットだが中身は詰まっている。

 今では、東京ジャーミィも建て替えられ、プロレスのレフェリーをしたユセフ=トルコやタレントのロイ・ジェームスを覚えている人も少なかろうが、タタール人が日本の歴史の一片として存在した事も残すべき資料であり、遅まきながら研究が待たれよう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イスラム銀行

ウキペディアより

イスラム銀行(イスラムぎんこう)は、イスラム(イスラム教)の教義、慣行に基づいて運営される銀行のこと。イスラム教徒(ムスリム)は、シャリーア(イスラム法)において利子を取ることが禁止されているため、基本的に無利子の金融機関として運営される。

出資型 

 利率を事前に定めることなく、事業から利潤が得られてはじめて出資者にそれを還元するものである。株式や投資信託に類似する。








ムダーラバ
ムダーラバ (mudāraba) は、出資者(ムダーリブ、 mudārib )が、信頼すべき商才や手腕の持ち主と認めた事業家(ダーリブ、 dārib )に資本を全額出資するパートナーシップ契約のことで、すべてのイスラム金融の基本となる契約形態で、イスラム銀行以前から広く行われている。
ただし、ムダーラバ契約のみでは、複雑化する西洋型を中心とする現在の経済・金融には対応できない。それに、個人の小口預金者には、このような「ハイリスク・ハイリターン」な契約を結ぶことは不可能である。そこで、銀行の介在する「二重のムダーラバ関係」などが登場することになる(ムダーラバ参照)。
ムシャーラカ
ムシャーラカ (mushāraka) は、資本の出資者と労働を提供する事業家が、共同出資により事業の共同経営を行い、ここで生じた利益を契約時にあらかじめ決められた比率によって、もしくは損失が生じれば出資比率に応じて、それぞれ配分する契約形態のことである。
イスラム銀行においては、銀行と企業・個人の出資者が提供する資金によって共同資本をつくり、出資者全てがその経営に関わることを前提とする制度として運用される。
ムシャーラカの特徴は、資金の提供者もまた事業の組織や経営に参画し、事業主も一定の支出をするところにあり、発言権は概ね出資比率に準ずる。ムシャーラカによる共同プロジェクトが軌道にのったとき、主として資金を提供した側は、その出資分を処分してプロジェクトから手を引いても良く、また共同経営を継続しても良い。ムダーラバでは資金提供先の選択が限定的になる傾向があったのに比べ、相手方も一定の出資力があることを前提とするこのムシャーラカでは、その傾向がある程度は緩和されることが期待される。

掛け売り型

代金の後払い・分割払いによるものである。西洋型の販売信用と異なり、返済が遅れても延滞利息を請求することはできない。

ムラーバハ

 ムラーバハ (murābaha) とは、ある財を、購入した際の原価よりも高い代金によって転売する形態の売買のことで、購入者が、原価と代金の差額を了解し、差額を転売者の売却益として納得した上で契約が結ばれることを前提とする。
イスラム銀行ではこのシャリーアの制度を利用し、設備・備品を希望する顧客に代わって、それを銀行が購入し、顧客に渡す。このとき、「手数料」を上乗せして分割払いあるいは後払いとする。こうすることによって、銀行は利子ではなく、売却益として顧客から利益を受けることができる。イスラムにおいては利子は否定され、利潤は肯定・推奨されるが、この「手数料」は「利潤」と見なされうる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イランのベーシックインカム

youtube 【字幕】イラン現金補助金(ベーシック・インカム)ニュース 


ベーシックインカム
http://blog.hikaru225.com/?eid=1034875

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リンク集

  1. 「定期預金で年利19%出るらしいよ!   危ない匂いがする・・・」moco blog 
  2. アゼルバイジャン独立記念日 Walking Embassy
  3. ナゴルノ・カラバフ共和国 ウキペディア
  4. ナゴルノ・カラバフ紛争 ウキペディア
  5.  アルメニア人・タタール人虐殺 (1905年–1907年) タタール人
  6. 『在日タタール人 歴史に翻弄されたイスラーム教徒たち』
  7. アゼルバイジャン料理 e-food
  8. スンガリー 新宿西口店 食べログ ここなら頼めばアゼルバイジャン料理を作ってくれるかも
  9. スンガリー 東口本店 食べログ  アメブロ記事

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

0 件のコメント:

コメントを投稿