2014年4月16日水曜日

スペイン料理

2014年4月15日

・国旗 このページの短縮URL http://p.tl/2alL



国旗の意味】サイト「世界の国旗」より 

Spain

赤と黄色の2色の意味については諸説あるが、黄色は帝国、赤は国を守るために流された血を意味するとも、また、カスティーリャ・アラゴン・ナバラの各王国の紋章で主に使われていた色だからともいわれている。左に描かれているのは国章で、1981年に制定されたもの。国章は、城・獅子・縦縞・鎖・ザクロの5つの部分で出来ている。

○地図、歴史

・外務省の地図

スペイン地図

・Googleマップ



・その他

〇紋章(ウィキペディア)

国章

ファイル:Escudo de España (mazonado).svg


  スペインの国章は、フランコ総統統治下の国章から変更され、1981年に制定された[1]。この国章はスペイン国旗にも描かれている。

スペインの国章は盾の中にそれぞれスペイン王家、スペインの王冠、立憲君主制を表すシンボルが描かれている。そしてその盾を支えるサポーターとして、スペインの歴史・地理的な情勢を象徴するヘラクレスの柱が使われている。

各国料理の検索結果 


 ウィキペディア 食文化  料理サイト

 クックパッド サイト 1088品

 e-food サイト

 食べログ サイト 都内521軒

 AllAbout サイト

 画像検索

 その他の記事

MAPS スペインより

 オリーブオイル タパス ガスパチョ アーモンド スペイン風オムレツ パエリア サングリア 




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

リンク


大使館 サイト  facebook  twitter  

友好団体 

・日本スペイン協会 サイト 

・日本スペイン文化経済交流センター サイト facebook 

イベント


参考 


・国際理解教材 サイト 120ヶ国あり 現在PDFだけどfacebookで参加型の教材に

・Embassy Avenue 在日大使館オフィシャル サイト集

・在外公館リスト 外務省

・食い旅193ヶ国inTOKYO アメブロ

・地球の歩き方 サイト

・HIS サイト

・大使館レポート一覧 サイト 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・世界の料理 

サイト

 National Dish(国民食)を知ると、その国がみえてきます。このサイトは、その楽しみの共有を目的とし、料理、食文化、レシピなどのコンテンツを網羅していく、世界の料理の総合サイトです。

Presented by NDISH。 

JP NDISH 


 旅と暮らしが好き。渡航国は世界238ヶ国で趣味は世界の料理の研究と調理と考察とまとめと心底楽しい人生と自分のやりたいことができる時間です。byあづさ


・オールレシピ 国別料理


サイト:アジア、ヨーロッパ、北米、カリブ海、南米、オーストラリア、アフリカ、地中海料理、郷土料理、


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウィキペディア

食文化

スペインでは日本と異なる時間帯に食事を摂り、一日に5回食事をすることで有名。
  1. デサジュノ (Desayuno) :朝食。起きがけに摂る食事。パンなどを食べる。
  2. メリエンダ・メディア・マニャーナ (Merienda media Mañana) :朝の軽食。午前11時頃、サンドイッチ、タパス(おつまみ)などを食べる。
  3. アルムエルソ (Almuerzo) :昼食。一日のメインの食事で、午後2時頃、フルコースを食べる。
  4. メリエンダ (Merienda) :夕方の軽食。午後6時頃、タパス、おやつなどを食べる。
  5. セナ (Cena):夕食。午後9時頃、スープ、サラダなどを食べる。

スペイン料理

スペイン料理とは、スペイン固有の料理のことであり、イベリア半島の山の幸と地中海の海の幸をよく生かした料理で知られる。

2010年、イタリア料理、ギリシア料理、モロッコ料理と共に、スペイン料理が、地中海の食事としてユネスコの無形文化遺産に登録された。

地方の料理


  1. マドリード
  2. カスティーリャ・イ・レオン
  3. カスティーリャ・ラ・マンチャ
  4. エストレマドゥーラ
  5. ガリシア
  6. アストゥリアス
  7. カンタブリア
  8. バスク
  9. カタルーニャ
  10. バレンシア
  11. ムルシア
  12. バレアレス諸島
  13. ナバラ
  14. ラ・リオハ
  15. アラゴン
  16. アンダルシア、アフリカの飛び地
  17. カナリア諸島


スペインは、17の自治州から構成される。また、各州は50の県に分かれる。

ファイル:Mapa Espanha CC AA.png

アンダルシア州(Andalucía)
アラゴン州(Aragón)
アストゥリアス州(Asturias)
バレアレス諸島州(Las Islas Baleares)
バスク州(El País Vasco)
カナリアス諸島州(Las Islas Canarias)
カンタブリア州(Cantabria)
カスティーリャ=ラ・マンチャ州(Castilla-La Mancha)
カスティーリャ・イ・レオン州(Castilla y León)
カタルーニャ州(Cataluña)
エストレマドゥーラ州(Extremadura)
ガリシア州(Galicia)
ラ・リオハ州(La Rioja)
マドリード州(La Comunidad de Madrid)
ムルシア州(La Region de Murcia)
ナバラ州(Navarra)
バレンシア州(Valencia)

 スペイン料理の特徴として素材を生かした調理があり、地方にはそれぞれの地域の特産品を生かした独特の料理がある[1][2]。イベリア半島は「ヨーロッパの尾」「アフリカの頭」と言われ、古来から異なる民族・文化・宗教が交差しており、スペインの食文化はイベリア半島の歴史的背景の影響を受けている[3]。

スペインは地方によって気候や風土、文化、習慣が異なるため、材料やその調理方法は様々で、事実上スペイン料理としてひとくくりにはできない。スペイン料理の地域差を表した言い回しに「スペインのどこに行ってもあるものはワイン、オルチャータ、クァハダ(素焼きの壺に入れられたヨーグルト)だけ」というものがある[4]。「北では煮込み、中部では焼きもの、南部ではフライ」と、地域ごとの調理法の違いを表した言葉もある[5]。しかし、スペイン料理の根底には、同じイベリア半島のポルトガル料理と同じく、各家庭ごとに異なるレシピを持つ「デル・プエブロ(民衆の料理、del pueblo )」の精神が根付いている[6]。

 地方料理の分類方法については定説がなく、20世紀後半の料理紹介ではその時々のスペインの行政区画に従って、それぞれの地域で食べられている料理の特色を列挙していることが多い[7](スペインの地方行政区画も参照)。 

国内全ての地方や社会階級で食べられている「国民料理」に相当する料理は長らくの間存在していなかったが、1960年代の観光産業の発展の結果、各地の郷土料理が「国民料理」に分類されるようになった[8]。こうした中でカタルーニャ、バスク、ガリシアの地域ナショナリズムが抑圧されたフランコ独裁政権では、カスティーリャ地方のコシードが国民料理に据えられ、他地域の全ての煮込み料理がコシードから派生したと喧伝された[9]。

 全ての地方料理に共通する事項としては、オリーブオイルが使用されることが挙げられる[10]。オリーブオイルの生産に伴って輸送業、輸出業も発達し、オリーブオイルはスペインの食文化のみならず経済の基盤にもなっている[10]。「新しいスペイン料理」(ヌエバ・コシーナ、nueva cocina)においてはデザートにもオリーブオイルが使われているが、一方で個性の強いオリーブオイルをすべての料理に使用することを避けて料理によって油を使い分ける傾向もある[11]。

 世界一歴史の古いソースと言われるアリオリソース(Alioli)[12][13]をはじめ、焼いた鶏肉からにじみ出る油を使ったチリンドロン(Chilindron)など、多くのソースが料理に使われている。特にバスク、アラゴンといったスペイン北東部は、特徴的なソースが使われる地域として知られる[14]。しばしばスペイン料理は香辛料がふんだんに使われている印象をもたれるが、こうした先入観とは裏腹に香辛料はあまり使われない[6]。しかし、18世紀以前のスペイン料理には過剰とも言われるほどの香辛料が使われていた[15]。

 スペインには変わり種のパンは存在していないが、ミガスなどの残り物のパンを生かした多くの料理が生まれている[16]。固くなってしまったパンは「石」を意味するピエドラ(Piedra)と呼ばれるが、「固くなったパンもスープに入れれば美味しくなる」という意味の「石でも煮れば柔らかくなる」という格言が存在する[16]。

スペイン人は食生活に対して保守的な傾向があると言われているが、20世紀末になって珍しい外国の料理を供するレストランが大都市で増加し、若年層を中心に人気を博している[17]。タパスやピンチョスなどの伝統的なスペインのファーストフードとは異なる、ハンバーガーやフライドチキンなどの外来のファーストフードも若年層に好まれているが、児童の肥満の原因がファーストフードにあるという指摘も出されている[18]。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

イベント



行った店


【渋谷】

・LUZ (ルース) 食べログ 

 LUZ - 料理写真:パエージャ1000円LUZ - 料理写真:ブイヤベースから作ったオリジナルカレー1000円LUZ - 料理写真:10/10フラメンカ・エッグ丼

・セバスチャン 食べログ

 セバスチャン - 料理写真:Cランチ タリアテッレ 肉のラグソース 1100円 ドリンク付きセバスチャン - 料理写真:2/29 ランチ1500円 アロスメロッソセバスチャン - 料理写真:2/29 ランチ1500円予約 前菜 ラタトゥイユ

・ラス ボカス  食べログ

 ラス ボカス - 料理写真:ジャンバラヤパエリアラス ボカス - 料理写真:イベリコ豚の冷しゃぶ

・びいどろ 渋谷店 食べログ 

 びいどろ - 料理写真:スペシャルパエリアランチ 1050円びいどろ - 料理写真:カキとほうれん草のグラタン 選べるランチ850円

・カサ・デル・ブエノ  食べログ

 カサ・デル・ブエノ - 料理写真:パエリア ランチカサ・デル・ブエノ - 料理写真:ランチのメインディッシュ 魚(ベビーホタテ) 

・明治通りのワイン食堂 食べログ 閉店 

 明治通りワイン食堂 - 料理写真:カレー明治通りワイン食堂 - 料理写真:カルボナーラ 大盛り

【赤坂】

・タベルナユキ 食べログ  

 タベルナ・ユキ - 料理写真:タベルナ・ユキ - 料理写真:

その他

・ラパス 国分寺駅 食べログ

ラパス - 料理写真:チョリソラパス - 料理写真:白魚のオリーブ煮

行きたい店


【渋谷】



【赤坂】



その他


0 件のコメント:

コメントを投稿