2014年4月27日日曜日

ミャンマーの油そば 力

2014年4月27日

ミャンマーの国旗

食べログ サイト  facebook 

店内は、カウンター席の奥にテーブル席。
7割くらい埋まっていて、食べている最中も次々とお客さんが入って来た。
ミャンマー人、日本人らしき人ほとんど区別なく利用している。

今回は、油ビーフン880円を注文。
どんぶりたっぷりのビーフンは腹持ちが良く、5時間たった今でも空腹にはならない。
味付けは、辛くなくノーマル。
赤いちょっと甘味のあるタレがついている。
青唐辛子の酢漬け、辣油、酢、ニンニク赤唐辛子がカウンターに用意されている。
これでお好みに味付けすることが可能。
しかし、ミャンマーのビーフンを初めて食べるとき、
どのくらいの分量が適量かまったく見当がつかない。

①青唐辛子の酢漬け 思ったより辛くない
②ニンニク赤唐辛子 これもそれほどニンニクが強くない
③辣油 これもまろやかな感じの辛さでした
④最後に、赤いタレをかけ、酢をかけて混ぜる やっぱりそんなに辛くない

 もちろん、辛くしたいときはお好みで調味料を多くすればいくらでも辛くできる。

 最初、ミャンマー料理にしては880円は高いと思ったが、食べていて納得。
肉団子、うずらの卵、レバー、豚耳など色々な食材が入っている。

量も金額も半分くらいにして、テイクアウト出来るようにして、どこかの公園で食べれるようにしてみたらどうだろう。
早稲田通り全体がフードコートみたいになれば楽しいと思う。
個性的なお店を何件もはしごできるので。

 こちらに今回早稲田通りを散歩したときの写真があります。

 http://civicstationtoday.blogspot.jp/



油ビーフン880円

























1 件のコメント:

  1. とても魅力的な記事でした。
    また遊びに来ます!!

    返信削除